【ホワイトカラーの大リストラ時代】5分で分かる未来把握・国も企業も自分の将来は守ってくれない!?老後3000万円貯金は無理!! | BUSINESS PARK

マーケティング

【ホワイトカラーの大リストラ時代】5分で分かる未来把握・国も企業も自分の将来は守ってくれない!?老後3000万円貯金は無理!!

f:id:saloninformation:20200302233646j:image

日本の現状を知って、何をすべきか考えましょう!!!

みなさん、こんにちは!

今日は私が日々学んでいることをアウトプットしていきます。

この記事を読んだらこうなります!!!
  • 日本経済のリアルが分かる
  • 自分が今後何をすれば良いのかが分かる

まず初めに結論:国も企業も誰も自分の人生を保証してくれない!

それがなぜなのか

Instagramも是非フォローお願いします。日々情報発信してます!

https://instagram.com/tkb_go

1:国の「定年雇用努力」義務化で民間に押し付け

f:id:saloninformation:20200302233723j:image

みなさんもご存知かとは思いますが、国が「定年雇用努力」を民間に義務化しましたよね。

これはどういう意味かというと、国は国民の面倒は見ませんよ。

企業の方々が従業員の将来の面倒を見てくださいね。

おじいちゃんになっても面倒を見てくださいねという意味になります。

つまり、今の社員は定年まで雇う事義務化しました。

でも企業側からすれば、定年まで雇う事はリスクでしかありません。

2:老後3000万円貯めてくれ発言

f:id:saloninformation:20200302233841p:image

さらに企業に面倒を見て、そして国民もしっかり老後のために3000万円は貯金してくださいね。というニュースも去年にありました。

え、でも年金もらえるから大丈夫じゃないの?って思うかも知れませんが、

少子高齢化の影響で年金制度も破綻寸前です。

だから国は3000万円自分でなんとかしてねと言ってるんです。

3:トヨタ社長と経団連会長「終身雇用は無理」発言

f:id:saloninformation:20200302233910j:image

国が従業員の面倒は会社で見てといっているにもかかわらず、あの大企業のトヨタの社長や経団連までもが「終身雇用なんて無理」=面倒見きれない と言っています。

でも私たちは自分達の世代でもらえるかわからない年金に頼らず、3000万円貯めないといけない。

でも今の会社が一生面倒見きれないって言ってる。

これって正直ヤバイですよね。

大手に勤めたら安泰だとか、自分の会社は大丈夫って思って安心してる場合じゃないって私もかなり焦ります。

3000万円必要なのに年金は貰えない、だからお金貯めないといけないのに企業は定年まで雇うのは無理って言っている。

まずそもそも3000万円じゃ老後を安泰に過ごすことすら無理です。正直もっとお金が必要です。

正直結婚、育児、家、車、介護etc...

これらを行いながら3000万円やそれ以上のお金を老後のために貯めるのなんか現実問題今のまま会社で働くだけじゃできないです。

4.日系企業が外資系企業の経営方針に移行しつつある

f:id:saloninformation:20200302233937j:image

これは、日系企業=終身雇用型

    外資系企業=スキルがないとクビ

こう言った動きは今後ますます増えていくと思います。

その理由が「少子高齢化」です。

少子高齢化が進むと、国内での消費が少なくなります。

なぜなら、おじいちゃんやお婆ちゃんは車や家を買わないですよね。

そうなると国の消費、GDPが下がります。

そうなると企業は国内ではなく、海外に進出しますよね。

でも日本の企業は海外に行きたいのに、海外にいけない。

なぜなら日本人にはなかなかグローバル人材がいません。

そもそもグローバル人材とは、英語を話せるのがグローバル人材ではありません。

海外で仕組みを作ることができる人がグローバル人材になります。

でも日本人にはいない。なぜか。それは日本独自の教育システムで育ってきたからです。

人と違うことや目立ったことをすれば叩かれる、前習え教育で育ったため、中々自主的に仕組みを作る人材はいないからです。

じゃあ再教育を行なって雇う日本人よりも、語学が話せて仕組みを作れる外国人を雇うのは当たり前ですよね。

実際にコンビニや工場、企業の経営戦略室までにも外国人が雇われています。

5:サラリーマンは必ずリストラされる

f:id:saloninformation:20200302234003j:image

海外に出たい企業に対して、グローバル人材じゃない日本人

この状況で価値のない日本人よりも、価値のある外国人を雇いますよね。

じゃあどんどん価値のない日本人はクビを切られます。そしてスキルのある日本人は企業は欲しいので雇います。

でもスキルのない日本人は安い賃金でもいいならと会社が雇う。これが格差社会に繋がります。

今一番多くいる中間層の年収400万層の人たちがいなくなります。

年収600万以上と年収200万以下の人に分かれます。

さっき話した老後のお金を貯めるのに、年収200万では確実に無理です。

さらにITが進んでいます。必ず、人の仕事はITに奪われます。

なぜならそっちのほうが、将来的にコスパがいいし、むしろ無駄な人件費を払わなくていいからです。

国内市場が縮小していく中で経営者は、必ず費用を抑えるか、もっと売り上げのとれる海外市場に行きます。

実際に、今もニュースでリストラや早期退職者募集のニュースが増えてきています。

それでもうちの会社は社員に優しいし、社員を見捨てたりしないって思う人もいるかお知れません。

6:株式会社は社長のものではない

f:id:saloninformation:20200302234038p:image

株式会社は株主のものです。株主は社員のことなんか考えないし、情なんかありません。

株主が一番求めてるのは、自分の配当です。

そのためには会社をより効率的に回して、売り上げ、利益を上げていくことを最優先に考えます。

私たち会社員のことなんか考えていません。

そうなれば、少子高齢化で市場が縮小してる日本ではなく海外、さらに固定費のかかる人ではなくITに移行していくのは当たり前ですよね。

じゃあ私達はどうすればいいのか、どうやって今後生活していけばいいのか。

スキルを身につけることです。投資をすることです。

投資と言っても3つあります。

自己投資・事業投資・金融投資

その中でも今私たちにできる事は自己投資です。

まずはスキルを身につけない給料は上がらないし、やりたいことも見つかりません。

そして自己投資でスキルが上がれば、自分の力を試す為に事業投資に移ります。

でもここで成功ではなく、ここで得た資金を次は金融投資に回していきます。

金融投資をして配当を得て初めて成功です。

飲み会や遊びばかりにお金を使うのではなく、しっかり自分のスキルに自己投資していかなければいけません。

そのうちその自己投資したお金は自分に返ってくるはずでよね!!

まとめ

いかがでしたか?

今回は今の日本の経済・企業の対応

そして私達が必ず訪れる未来に何をしなければいけないのかを

それぞれが考える良い機会のなったのではないでしょうか。

正直、コロナウイルスの影響で、加速度的に進んでいます。

リストラのニュースはあまり報道されていないだけで、

多くの企業で行われています。

もう一度今の現状についてしっかり理解していきましょう。

最後に、結論!

まず初めに結論:国も企業も誰も自分の人生を保証してくれない!
f:id:saloninformation:20200302234109j:image

これからもどんどんアウトプットしていくので、宜しくお願いします😆

是非、よかったらInstagramもフォロー宜しくお願いします🥺

https://instagram.com/tkb_go

https://instagram.com/takaki_takehana

 日々、こちらのMUPカレッジで学んでおります!是非チェック!

END

  • この記事を書いた人

たけちゃん

理美容業界で日々活動。幼い頃から両親の影響で理美容師さんをリスペクト。華々しい世界の裏側の多くの課題について私なりの解決策を模索中。海外が大好き人間。今は日々社会人の為のビジネススクールでデジタルマーケティング・マーケティング・起業関連をインプットしながら、アウトプットする24歳。

-マーケティング

Copyright© BUSINESS PARK , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.